HOME>オススメ情報>結婚式で気持ちをつたえる贈り物をしてみよう

贈る形が変わってくる

ギフトボックス

以前は引き出物というと、お鍋や食器など重く嵩張るものが多くありました。それに食べ物や小物なども加わって、結婚式後に持って帰るのが大変な状態になっていたものです。引き出物の大きさが重視されるという事もあり、そういったことを意識して選んでいく方も多かったようです。しかし、最近はその状態が変わってきています。重い引き出物を持ち帰ることが嫌われるという事もあり、手軽に持ち帰ることが出来るカタログギフトなどが登場し、人気となっています。好きなものを選んでもらえるので、ゲストにとっても助かるということがあるのです。本のカタログの形もありますし、カードタイプでウェブで品物を選んでもらうタイプもあります。ゲストに合わせて適切な種類を選んでいきたいものです。

ゲストの状況を見極めて

贈り物

引き出物はゲストにお渡しするものですから、ゲストの状況に合わせて選ぶ必要があります。徒歩や公共交通機関で来る方が多いという場合には、カタログギフトなど嵩張らないものが向いているという事もあるでしょう。年代によっても好まれる引き出物が異なる場合があります。全員に合わせることは無理ですが、どのようなゲストが多いかという事を見極めて、喜んでもらえるような引き出物を選んでいくようにするとよいでしょう。

地域性なども配慮を

ギフト

場合によっては、地域の風習などがある場合もあります。引き出物についても地域で好まれるものやルールがあることもあるので、ぜひそういった点を確認してみましょう。親など詳しい人に聞いてみるのもおすすめです。双方の実家の考えなども聞いておくようにすると、トラブルを防げます。結婚は本人だけではなく家の問題でもあるので、ぜひ周りの人にも相談しながら準備をしっかりと進めていくようにしましょう。

広告募集中